読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふれる

感想を書くところ

幻燈ロンド 有馬感想

 

 f:id:y512rg:20170213234733p:image

 有馬感想です。ネタバレしかありません。

 

 

 

 

 

 

幻燈ロンド有馬ルートおわりました!
あのひとつ言っていいですか????
現代EDなんだね!??!?帝都を守るために戦うことしか出来ない男だと言わせながら、現代EDなんだね??!!???あと、志は継ぐものだ、なんて、なんて都合のいい言葉なの〜〜〜〜〜〜とめっちゃ思った、でも有梓はどんなかたちであっても尊いと思う気持ちが120パーセントなのでこれはこれでひとつの有梓の運命の形なんだと思いました。ハイ。

6EDが秋冬に延びただけでやっぱり有馬は梓に秘めたる想いも持ってて、梓は有馬を尊敬してて、そのあたりは6のふたりとなにも変わらずで安心した!
愛宕山のイベントが最高潮だったかもしれない。お互いがお互いの未来や幸せなことをお願いしてて、有馬は有馬で故郷に帰りたがっている(だろう)梓を気遣ってるつもりなのに、梓はそんなにわたしに帰って欲しいんですか!って怒るの、安定の有梓かわいい。。。
ただ、ロンドの有馬は6よりは自分の気持ちを梓にぶつけてたかなって思った。
オペレッタに観に行くイベントは本当かわいいの極みだったな〜〜 あとあきべに連れて行かれるとはいえ、有馬もオペレッタ好きなのか〜〜っていうのが意外だったというか新しい発見だった。

ていうか、イベントでいつもこう、なんていうか、硬派??こないだのイベントでいえば、俺様執事の台詞が片言だったり、あとは恋愛ごとには疎すぎ、みたいなところ目立つけど、贈り物のところとか一緒にごはん行くイベントとか見てると鈍いだけで、それなりにふつーーの人(?)っていうか言い方見つからないけど、言うほどだな。って感じなのを再確認した感じだった。

ルートの話に戻すけど、縁組のはなし、コロッケも結局そこまでそのあと引きずらず、縁組も断ったよってなったから、あーよかったよかったってしてたらまさかの戦死の原因お前か!って感じで、縁組断られた腹いせが原因だったから、やっぱり女がらみのシナリオはヒヤヒヤしてしんどい。
あと戦死ね、いや、そんなあっけなく???死ぬ???え???死んだの???って唖然としてたら梓がもう時を遡ってた。びっくり。
遠征に赴くっていうのも軍人って設定ならではの話だなって思った。やばい、話がとっちらかりすぎてる。

う〜〜ん、うまくまとまらなくて困る。。。

そもそも戦地に赴く原因も、呪詛の解除の仕方を教えてくれるからっていう交換条件のためにのんだわけであって、それって千代のためじゃん??仲間のためなわけじゃん、大きくとると帝都のためなわけじゃん。
言い方悪いけど、それをのんだら自分は梓のそばに居られなくなるし、梓を幸せには出来ないし、ましてや自分は死ぬかもしれないし、梓とまた会うことすら出来ないかもしれない。
で、これが有馬から一方的に梓を想ってるだけなら、まあ、うん、本人がいいと思うなら。。という感じだけど、梓の気持ち知ってて、これをのむんだから、梓<仲間・帝都なわけじゃないですか。もちろん仲間には梓も含まれるし、千代がもしいなくなったら梓が悲しむ=梓が幸せななれない、みたいな式が組めたのかなあってことはわかるんだけど、なんか、それがすっごく有馬らしいっていうか。。。
それでいて、そばにいれないし幸せに出来る保証もないし、すまない高塚って言える有馬一ってなんなんだろ。。。。
そういう有馬だから梓は好きになったんだけどさあ。。。

とりあえず後半スピード展開すぎてあたまが全然追いつかなかった(笑)
告白して→デートして→戦地へお見送りして→藤堂のせいで仲間割れさせられて→有馬が戦死した連絡きて→時空遡って有馬が戦死する原因になった部隊から外してもらって→藤堂出し抜いて→藤堂が戦地に行ったから有馬助けに行く、、、こんな感じ??(笑)

有梓以外の部分で触れると、藤堂の星の一族節はうっかりネタバレ踏んでたのでびっくりしなかったんだけど萬は。。びっくりしました。。。萬。。。敵かよお前。。。ドクター呼びすき。
あとやっぱ黒蓮は嘘だったのねw
藤堂の話聞いてたら突然遙か5みたいになったなーって懐かしくなった。崇くんみたいなもんだよね?あいつっていうのは黒龍みたいな感じのやつなのかな??萬ルートやればわかるのかな?

操られたあきべとダリウスの対峙スチル、ダリウスの顔が好きすぎた。。。それはいいとして、ダリウスの所詮は片霧の息子か、からの僕もどうしたらいいのかわからないんです、の流れがめちゃめちゃすきだった。切ない。

有梓に話を戻して、梓たちが戦地に赴いて、有馬と会ったときのばさってSEが有馬が梓を抱きしめてるのかと思ってびっくりした(笑)
そこからはまたポンポン話が進んで気づいたら最終決戦終わってて、藤堂終了のお知らせで、気づいたら梓も現代に強制送還です!ってなってて全く追いつけなかった〜〜
最終決戦のまえ、萬と戦ったとき、有馬の戦闘開始台詞が「仲間と戦うことになるとはな。。」っていうので、萬をちゃんと仲間だと思ってるんだなあってのが伝わってしんどかった。懐に入れると甘くなる有馬一。
梓が飛ばされるときに、梓!って叫んでくれたのにじーんたきた。

またいうけど、有馬は現代EDは天地がひっくり返ってもないと思っていたから、現代EDでびっくりしました。梓の想いと有馬の気持ちに応えてあげた黒龍最高かよ。
神子の八葉の願いは一緒、っていう黒龍の言葉も最高だった。神子=梓で八葉=有馬、ってことなんだろうなあというのはわかってるんだけど、神子には千代も含まれていて、八葉には有馬以外の八葉全員ってことだったらやばいなと思って涙がとまらなかった。みんなが有馬と梓の幸せを願って、有馬と梓の志を継いで帝都守ってるんだと思ったら。。。なんで素敵な仲間たちだろう。。。これが有馬一の同志たちなんだよなあ。。。
思えば、有馬の出立のときのみんなからの言葉がすごくあたたかくて、6本編の5章(だったかな。。)を思い出した。有馬の一言で八葉が結束したんだよなあ。。。と思うと有馬一の人徳に泣いた。
そして今回も有梓の背中を押してくれてた人たちがいるわけで。。出立のときに梓が泣いて帰って来たときのダリウスの「がんばったね」って言葉が本当にすきだし、2周目のときの九段の「お守りは渡せたのか?」って言ってくれるところもすき。
ダリウスに至っては有馬探して東京駅に行ったときに「おめでとう、梓」って言ってたのもとてもすき。。。
有馬が現代に行けるようにと背中を押したのもダリウスとあきべなんだよね。
もーーほんとにこういう横のつながりが大好きなんだよなあ。
有馬はもう悔いは残ってないから来たって言ってたから、ちゃんと故郷にも帰って弟とかにも報告してから来たのかな?とか考えると、ここの空白の時間有馬が何してたかでダウンロードノベル作れると思う。お金払うから作って欲しい。

とりあえず、まとまりがなさすぎだし始め文句から始まったけど現代で有馬と梓が再会できたときは梓よかったねって泣いたし、ふたりで仲良く初詣に行ってるのみたらもうわーわー泣いてた。ありあず幸せになれよ。。。。お互いの幸せを一番に神様にお願い出来るありあずがだいすきだ。。。。。

6本編のありあずが好きすぎて、まだウッとなるけれど時間をかけて昇華していきたいです!!
とりあえず新曲ちゃんとききたいのではよアルバム!
(戻ってくるといいながら、迎えに来てもらったね有馬)
(と思ったけどちゃんと現代で梓の元に帰って来たね有馬)

 

【追記】

改めててらしーのキャストインタビューみて、「行ってくる」って言葉が重かったってあって、確かになあと思った。

つらいね〜〜。てか有馬戦地行ってしまうから他キャラルートのとき最終決戦のときいないの寂しすぎる。。。