読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふれる

感想を書くところ

幻燈ロンド 有馬感想(ぐだぐだ)

※有馬ルートのネタバレしかない※

 

 

 

 

 

一昨日ロンドの有馬ルート終わらせて、昨日から6の有馬ルートを見返して思ったのだけど。

ロンドの有馬がなんでわたしの中ですとんとしないって、帝都に残らないとこで、帝都を守るために戦うことしか出来ない男だって言ってるのに、言い方悪いけどお役目より梓を選んだところだなって思ったんですよ。
もちろん、最後はちゃんと帝都の行く末を見届けて仲間に託してきたとは言ってるけど。言ってるんだけど!なんかそこがしっくりこなくてもやがかかったままだったのね。
正直なところ、蛇神が化けた有馬と同じことを言ってるわけじゃん。
「俺もお前も役目は果たした。これからはただの男として、お前のそばに居てやれる」の結果なわけじゃん????
でも梓は、有馬さんはそばになんていてくれないんですよ。帝都のため、お役目のために自分の気持ちよりそっちを優先して、でもそんな有馬さんだから好きになったんです、なわけじゃん???
その有馬は居なくなっちゃったのかな〜〜って思ったわけなんですよ。

でも、よく考えてみたら、ロンドの有馬のテーマは〈梓の元に必ず帰って来る有馬〉だったのかなって、そうも思ったんですよ。
6本編の有馬は、約束しても果たせる保証がないから、梓に〈必ず帰って来る〉たぐいの約束はしてないんですよ。でもロンドは言ってるんですよ。必ず帰って来ることが愛したものの務めなんですよ。だから、帝都の未来を他の人に託してでも、梓を選んで梓の元に時空を越えてでも帰ってきたんですよ。つまりそういうことなんですかね???
そんでもってあくまでタイミングの問題であって、6でもED前にもしそういう約束をしてたのであれば有馬は同じ道を選んだのかなって。
結局芯のところはどちらも変わらないのかなって。
手袋イベントの時もそうだけど、ここでもやっぱり約束したって果たせないかもしれないから言えるわけがないって、根底にあるのは6と変わらない部分なのかなと。

なんか自分でも何言ってるかよくわからなくなってきたけど。
いや、いいんだ、自分を納得させるために書いてるんだ。。。。

6の有馬ルートが好きすぎてなかなかこじらせてる。。。けど、そう思ったらなんとなーーくなるほどーー。と思えるようになってきたかもしれない。
やっぱ空白の1年間(現実時間)の出来事の詳細欲しいな。作品アンケートに書けばいいのかな。うん、とりあえず、思ったことでした。